皆様

こんにちは。平成では大変お世話になりました、令和もどうぞよろしくお願
いいたします。心機一転、今月もIFP関連情報をお知らせいたします!

<もくじ>
1.【参加者募集】7/13(土) IFP夏のシンフォニーサンセットクルーズ2019
2.【講演報告】國學院大学の授業に参加してきました!
3.【コラム】コミュ力で銀河を救え「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
4.編集後記

1.【参加者募集】7/13(土) IFP夏のシンフォニーサンセットクルーズ2019
今年は真冬のような寒さから真夏の暑さへの急変等、天候が不安定でモヤモ
ヤしていませんか?そんな天候のモヤモヤをふっ飛ばすのに最適かつ前回即
日受付満了になった、IFPの人気企画「シンフォニークルーズ」へ遊びにきま
せんか?
今回は出航プランを夜から夕暮れに変更!いつもと違った東京湾の海風を感
じられる「非日常空間」では、障がいの有無に関わらず交流がはかどること
間違いなし!皆様のご参加お待ちしております!!

※企画趣旨・ご参加にあたりご理解いただきたいこと
本企画はこれまでIFPで実施してきたイベントおよびセミナーとは趣旨が異な
ります。
詳細を以下リンク先にてご案内いたしますので、ご理解のうえ、ご参加願います。
( https://goo.gl/Qd2oqp )

*IFP夏のシンフォニーサンセットクルーズ2019*
主 催:NPO法人 Inclusive Fellowship Promotion
日 時:2019年7月13日(土) 11時00分~14時30分頃 ※予定
場 所:シンフォニー(日の出桟橋) ゆりかもめ日の出駅 徒歩2分
定 員:20名
参加費:6,000円(キャプテンズプラン+事務費)
チケットを事前に購入する都合上、キャンセルをされる場合は、所
定のキャンセル料を申し受けます。詳細は、参加のご案内でご連絡
予定です。または、個別にお問い合わせください。
申込み:以下のリンク先よりお申し込みください。
http://team-ifp.com/form/ifp_1n_event.php

締 切:2019年6月30日(日)
◆何かご不明な点がございましたら、info@team-ifp.com までご連絡ください。

当日のスケジュール ※予定(変更の可能性あり)
11:00 ゆりかもめ日の出駅集合
順次、日の出桟橋駅着・乗船手続き
11:50~14:00 シンフォニークルーズ
14:30 解散(日の出駅)

2.【講演報告】國學院大學の授業に参加してきました!
こんにちは、鈴木です。この度4月27日,5月3日の二回に分けて、國學院大學
の渋谷キャンパスで講演させていただきましたので、ご報告いたします。
4月は市川が、5月は相羽と私が、それぞれ奈良を中心にお話しました。私以
外は本業で学生と話す機会があり堂々としたものですが、私は大学に入るの
も十数年ぶりで緊張しました。
市川は「私とIFP」と題して、自分の体験を赤裸々かつユーモアを交えて話し
ました。移動では電動車椅子、会話ではトーキングエイドを利用する市川が
スライドも使いながらリアルタイムで質疑応答する姿は、「障がいのある方
はこういうもの」というイメージがあった学生には、とても刺激になったは
ずです。
続く相羽と私は「法人運営と、イベント作成から考える心のバリアフリー」
について、それぞれ話しました。
法人運営を客観的に振り返ると、人と会う、打ち合わせ等地道な活動の多く
に気づき、活動継続について参加者やその他多くの関係者への感謝の気持ち
で一杯になりました。
イベント作成から考える心のバリアフリーでは、障がいの有無に関わらず誰
もが楽しむために必要なことをグループで話し合ってもらいました。出てき
たアイディアは、小さいけれど大切なことから、設備改修や動員人数の増加
など大きなものまで様々でした。グループワーク中難しい顔をしていた学生
も少しのアドバイスで、これが出来れば皆が楽しめると気づき、他の学生に
提案する姿は、見ていてとても気持ちのいいものでした。
近年障がいのある方自身が、様々なメディアで情報発信する機会が増えたこ
ともあり、どこまでお話できるか不安もありました。しかし話をして考える
時間を共有する中で、学生がいい方向に変わっていく様子を目の当たりにし
たことで「まだ出来ることがある!」と、活動意欲が沸いてきました。
また学生と一緒に心のバリアフリーを考える機会があることを願いつつ、当
日受講いただいた学生の皆さんにお礼申し上げます。

3.【コラム】コミュ力で銀河を救え「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
祝ディズニー企画の完結記念もとい、そういえばスターウォーズもTDLにアト
ラクションがあるからディズニー映画なのでは?と気づいた記念で、SWシリー
ズのスピンオフ作品「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」。
少女ジンが帝国軍の巨大兵器破壊に挑む物語を、フォースの導きのままに紹
介します(笑)。
A.スターウォーズのヒロイン=お姫様、そんなことなし!
SWの女性キャラは、真の強い指導者のような役割の人が多い印象があります。
しかし本作の主人公ジンは、幼い頃に父母と別れ、帝国軍の施設への移送中
脱出するところから話が始まるくらいタフです。荒れた地形もズンズン歩き、
豪雨や高所もヘッチャラ、光線銃だって撃ちます。過酷な状況でも勇敢に行
動し、大勢の反乱軍メンバーの前で「勝ち負けじゃない、戦うか戦かわない
かでしょ!希望があるから戦える!!」と演説するジンには胸が熱くなります。
B.フォースと信頼、強いのはどっち?
SWといえば「フォース」が有名です。詳細設定を省いて簡単に言うと物を持
ち上げたり引き寄せたりできる力で、悪いほうだと相手を浮かせて首をキュ
ッと絞めたりします。本作ではフォースを信じる盲目の男性僧侶「チアルート」
が登場します。彼はフォースは使えませんが、帝国軍の兵士に囲まれてもあ
っという間に倒せるほどの武術の達人です。そんな彼の魅力は、その規格外
の戦闘力だけではなく、ジンをいち早く信頼し「ジンについていく、そこに
道が見える」や、単独行動を咎められたら「一人じゃない、お前がいる」等
たびたび、誰かへの信頼を口にします。チアルートのハンデを感じさせない
頼もしさは、彼自身が鍛え上げた心と体からきています。それがわかるから
こそ、ジン達はよけいな気遣いをせずチアルートと「一緒に戦おう!」とな
ります。本作の反乱軍にはフォースの使い手がおらず常に劣勢ですが、それ
でも負ける気がしないのは、信頼の強さを何度も確認できるからです。
C.失敗から学べば銀河の危機も救える!
反乱軍、帝国軍共に任務の中で「失敗できない…」という状況があります。
しかも帝国軍にはあの有名なダースベイダー卿が、失敗したらどんな目に合
うかわかりません(笑)。一方の反乱軍は、失敗すれば誰がというより銀河
が危ない。そんな状況でも「失敗はできない、でもフォースと仲間を信じれ
ば大丈夫!」と互いに支え合う反乱軍と、「失敗したら、どうなるかわかっ
ているのかな?」と一人に詰め寄る帝国軍。両軍とも作戦成功を夢見ていま
すが、失敗しても銀河の危機を救うまで諦める気ゼロ、もし自分達がダメで
も次の誰かがやり遂げてくれるよう、しっかりと道を作る反乱軍の姿勢にこ
そ見習うべきものがあります。
今回も長々と語ってきました。皆さんも、是非「ローグ・ワン」から経験と
信頼から生まれるコミュニケーションの強さ・大切さを感じてみてください。
(おまけ)
ダースベイダー卿ファンの方は、どうか、どうか映画を最後まで観てください!

4.編集後記
今回配信のIFPメールマガジンはいかがだったでしょうか。
ご報告した國學院大學での講演の裏話をちょっとだけ。普段シャイ?な市川
の講演は、学生と真摯に向き合い大いに盛り上がったようで、スタッフ一同
普段の彼とのギャップに騒然としつつも大絶賛!!ということがありまして、
改めて活動メンバーの知らない一面はまだあるんだな…としみじみ思ってし
まいました。いや~人との交流って本当に奥が深いものですね!
それでは、次号もお楽しみに。

○IFPメールマガジンのご案内○
NPO法人IFPが主催するイベントやセミナー情報の配信や障がいのあるスタッフ
によるコラム、そして、障がいに関連するイベント等の情報を毎月お届けして
います。ぜひご購読ください。
登録はこちら→ https://www.mag2.com/m/0001613828.html
(バックナンバーもお読みになることができます)

IFPメールマガジンは、まぐまぐを使用した配信専用のシステムで送信しており
ます。
お問合せなどは、お手数ですが下記よりお願いいたします。
・メールの配信変更・停止:http://www.mag2.com/m/0001613828.html
・IFPへのお問い合わせ:info@team-ifp.com
※このメールマガジンは、自由に転送して頂いてかまいませんが、掲載された内
容を許可なく転載することはご遠慮ください。
Copyright (C) 2011-2019 IFP All rights reserved

☆特定非営利活動法人
Inclusive Fellowship Promotion☆
Mail info@team-ifp.com
ホームページ http://www.team-ifp.com
☆Driving for Interaction between Individuals
with and without Disabilities☆
◎IFPメールマガジンのバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001613828/index.html

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎IFPメールマガジン
のバックナンバーはこちら
⇒ https://archives.mag2.com/0001613828/index.html?l=lxg14835e9

◎IFPメールマガジン
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0001613828.html?l=lxg14835e9