皆様

こんにちは。IFPスタッフの鈴木です。

このメールマガジンが配信されている頃には、大型連休が始まっているでし
ょう。
移動や行列等の待ち時間、パーティー料理創作の隙間時間に、是非IFP関
連情報をご覧になってみてください。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴
もくじ
1.お知らせ ~メールマガジンの件名変更~
2.スタッフおすすめのバリアフリー情報
3.コラム ~遊ぶときに大切なことはナニ?大人になった今もう一度本気で考えてみた~
4.編集後記
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

===========================================
1.お知らせ ~メールマガジンの件名変更~
===========================================

いつもIFPメールマガジンをご覧頂き、誠にありがとうございます。

今回の配信より、件名を○月号形式から「ナンバリング形式」に変更いたし
ます。

これまで同様定期配信は継続しますが、皆様にお届けしたい内容をより広く
柔軟に配信したいという想いから、このようになりました。

件名が変わっても皆様への想いは変わりません。
これからもIFPメールマガジンを、どうぞよろしくお願いいたします。

===========================================
2.スタッフおすすめのバリアフリー情報
===========================================

皆様、こんにちは。こちらでは、スタッフが見聞きした情報でコレは!と思
ったものをご紹介します。
興味ご関心のある方は、ぜひリンク先をクリックしてみてください。

ココロのバリアフリー計画 店舗検索サイト
http://www.heartbarrierfree.com/
こちらは、認定NPO法人「ココロのバリアフリー計画」(※1)で作成さ
れたサイトです。障がいのある方がお店を選ぶ判断材料となるようにエリア
・条件・バリアフリー(※2)から検索が可能です。検索できるお店のカテ
ゴリーは飲食店・趣味・美容・ショッピング・生活・冠婚葬祭と多岐にわた
っています。

カテゴリーをクリックしてお店を知るだけでも、自分の中の世界がまた一つ
広がること間違いなしです!

(補足)
※1.認定NPO法人「ココロのバリアフリー計画」公式HP
http://www.heartbarrierfree.org/
「ココロのバリアフリー計画」の理事長・池田君江様については、2017
年4月10日(月)の朝日新聞夕刊にもインタビュー記事が掲載されていま
した。

※2.バリアフリー検索の項目は、入口段差無し・階段無し・エレベーター
有り・店内段差無し・トイレ段差無し・トイレ手すり有り」となっていました。

===========================================
2.コラム ~遊ぶときに大切なことはナニ?大人になった今もう一度本気で考えてみた~
===========================================

こんにちは、市川です。

読者の皆さんは、「普段」友達と遊びたいと思い立ったときに何を一番優先
して考えながら誘いますか。
みんなが楽しく遊べること?みんなが本当に遊びたいこと?といった考えが
あると思いますが、どちらも大切で間違っていないです。
その中でも、私が友達と遊ぶときは後者の考え方が良いなぁと感じています。
なぜなら、自分にできないことが徐々に見つかると、
「本当はやりたいのにできないことがあるから見ているだけにしよう」
「本当はこんなところに行きたいのに負担がかかるからやめておこう」とい
ったことが少なからず障がいのある方の抱える悩みの一つだと思います。
そういう悩みを長年抱え込むと、障がいの程度に関わらずできる遊びに対し
ても、つい遠慮がちになり、避けるときもあると思います。

しかし、みんなが遊びたいモノなら既存のルールは関係なく、一からルール
を考えて遊ぶのが友達として本気で遊ぶことではないでしょうか。
実体験ですが、車椅子を利用している私が鬼ごっこに参加すると、移動速度
が遅いため真っ先に狙われ、タッチされて終わっていました。
それではつまらないので、友達の中で話し合った結果、
・私に近づいたら早歩きになる。
・私をタッチする際は、5秒間数えてタッチする。
というルールが作られました。
それでも、私は心の中にはいつも「みんなは楽しいんでいるのかな」という
気まずさがあり、なんともいえない気持ちだった記憶があります。

読者の皆さんも「子どもの頃の遊びだったから純粋な心で向き合うことがで
きた話」と思われているかもしれません。
私もそうかなと思う部分もある反面、子どもの頃も大人になった今も居心地
が良いというだけで友達と遊んでいないと思います。そう思えるのは、
「この人をもっと知りたい」
「自分自身の存在をアピールしたい」
「お互いの状況が知りたい・確認したい」
「悩みを打ち明けたい」
といった意図が遊びの中に込められているからかもしれません。
だからこそ、みんなが本当に遊びたいことをやれるように、お互いのことを
思いながら考えて、工夫して目一杯遊ぶのです。
その中で、少しばかりの気遣いで友達を元気づけられる瞬間が訪れる遊びと
いうものは一見シンプルで当たり前のように見えますが、素敵だと思います。

私が願うカジュアルサポートとは、ここで書いたような「少しばかりの気遣
いをうまく使えたら遊びだけではなく、仕事も生活も豊かになれるもの」だ
と確信していますが、そのサポートを拡げていくための道のりは、まだまだ
遠いです。

===========================================
3.編集後記
===========================================

皆さん、こんにちは鈴木です。
今回のメ―ルマガジンはいかがだったでしょうか?
まだ4月だというのに太陽の光が眩しく暑かったある日のことです。また暑
くなるのかぁ…とうんざりしていた私に聞こえた「もう新緑の季節なんだね」
という声。

その声を聞いた後改めて街路樹を見てみると、確かにあちこちが緑色になっ
ていました。そしてその緑の葉の裏や隙間から見える太陽の光が眩しい、暑
いだけではなく、何となくキレイなものに見えてきました。

自分とは違う反応から気づかされることの大切さと、たった一言であっさり
気持ちが変わってしまう自分の単純さに呆れた(苦笑)、そんな一幕があり
ました。

————————————————————————————–
IFPメールマガジンは、まぐまぐを使用した配信専用のシステムでお送りしております。
お問合せなどは、お手数ですが下記よりお願いいたします。
・メールの配信変更・停止:http://www.mag2.com/m/0001613828.html
・IFPへのお問い合わせ:info@team-ifp.com
————————————————————————————–
※このメールマガジンは、自由に転送して頂いてかまいませんが、掲載され
た内容を許可なく転載することはご遠慮ください。
Copyright (C) 2013 IFP All rights reserved

☆特定非営利活動法人
Inclusive Fellowship Promotion☆
Mail info@team-ifp.com
ホームページ http://www.team-ifp.com
☆Driving for Interaction between Individuals
with and without Disabilities☆
◎IFPメールマガジンのバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001613828/index.html