IFPメールマガジン 2013年10月号

皆様

こんにちは。IFPスタッフの奈良里紗です。
10月としては過去最多の台風にみまわれている日本列島‥・皆様はおかわりなくおすごしでしょうか。
10月号も情報盛りだくさんでお送りしますのでぜひ最後までご覧下さいね!

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
もくじ
1.精神障がい者へのカジュアルサポート研修会(11月3日)
2.聴覚障がい者へのカジュアルサポート研修会実施報告
3.コラム 市川洋介の恋事情
4.グルメマップイベント開催報告
5.お出かけ情報
6.メールマガジンリニューアルに関するお知らせ
7.編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

===================================
1.精神障がい者へのカジュアルサポート研修会
===================================
———————————————
NPO法人IFP カジュアルサポート研修会のお知らせ
———————————————-
9月号でもご案内しましたが、11月は精神障がいについての研修会を予定しております。
まだ、残席ございますので、お誘い合わせの上、ご参加ください!

日時:11月3日(日) 15時から17時
テーマ:精神障害の理解と私にできる関わり
講師:大石甲
障害者雇用の研究所と作業所にかけもちで勤務中。専門は精神障害者雇用。
精神保健福祉士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント(標準レベル)、障害科学修士。
内容:身近なようでよく知らない精神障害について、精神疾患や精神障害とはどういうものかを踏まえ、専門家でない隣人として何が出来るか、お互いに負担の少ない関係を作るにはどうすればいいかを、一緒に考えていきます。
場 所:東京都障害者福祉会館(都営三田線、
都営浅草線「三田」駅より徒歩1分・
JR線田町駅より徒歩5分)
参加費:1000円
問合せ:希望する研修会を件名に入れ、本文に参加登録情報を記載の上、
以下のアドレスまで、お送りください。
info@team-ifp.com

■件名
例 「11月の研修会への参加希望」

■参加登録情報
1.名前(ふりがな)

2.連絡先(PCと携帯のアドレス、電話番号)
※資料送付や当日の緊急連絡用に使用します。

3.障害の有無とその種類
例 有(視覚障害:弱視、墨字使用)

4.希望する配慮事項
例 拡大資料(20pt・ゴシック体)を希望

補 足:以下ご確認ください。
※インターン向けのセミナーとなりますので、
十分な情報保障環境を整備できるとまではお約束できません。
適宜、ご相談ください。可能な範囲で環境を整備いたします。
※特に、参加募集の〆切は設けませんが、
参加者の数が使用する教室の定員人数になり締切りとさせていただきます。
※なお、各研修会の後には、講師を囲んで交流会を実施する予定です。

===================================
2.聴覚障がい者へのカジュアルサポート研修会実施報告
===================================
毎年大好評の中村さんの研修会。
インターン生からの感想を少し紹介しますね。

そもそもなぜ耳が聞こえないと障害になるのか?という疑問からセミナーは始まりました。
確かに耳が聞こえないことで人とのコミュニケーションをとるには、しゃべることや聞くこと以外にも手段はあります。
ですが、震災などの緊急時に何かを伝えなければいけない時はアナウンスが多いことを考えると障害になってしまうのだろうと思います。
普段何気なく考えられることをみんなで考えていくと自分と違った考えや感じ方があるとこがわかりました。
一番驚いたのは‥・
続きは⇒http://team-ifp.com/wp/project/internship/%e8%81%b4%e8%a6%9a%e9%9a%9c%e3%81%8c%e3%81%84%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%909%e6%9c%8815%e6%97%a5%e3%80%91/

===================================
3.コラム 市川洋介の恋事情
===================================
皆様、こんにちは。IFPスタッフの市川洋介です。
日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。

皆さんもいろんな人・仲間と行楽地に行くと思いますが、意中の人と
「デート」をするときは自分独自のポリシーはありますか。

私も人生で二回目といっても良いほど自分から意中の人に「高尾山に
いこう」と誘いました。
言語に障がいがある私は、どうしてもコミュニケーションをとる時間が
かかってしまい、大学の休み時間だけでは話しきれないので、いつも
「ライン」で彼女のバイト終わりを見計らい、「お疲れさまー」と
送ってそこからいろいろと話しています。
その話の中で、ただ「高尾山にいこう」というのではなく、「○○さんと
行きたい、景色を見たい」というような言葉を言って誘ったら、
「うれしいです。」という返事で行くことになりました。

当日は、トイレのこともあるのでヘルパーさんもいて完全にふたりっきりと
いうわけではありませんでしたが、それでも事前にヘルパーさんと「少し離れて
ついてきてくれますか」「用事がある場合はふり向きます」といったことを
打ち合わせしていたので、ほとんどふたりで行動していました。
その移動中は、彼女に車椅子をゆっくりと押してもらいながらトーキングエイドで
はなしたり、こまめに休みながらのぼりました。
また、ヘルパーさんにお願いして彼女に私のジャンパーもかけてみました。

そして、別れ際に私の思いを伝えたいと思いましたが、
全部事前にトーキングエイドに登録して伝えるよりも
最後のことばだけでも目の前でうって伝えたほうが
味があり、心に残るのかなぁと思って考えつきました。

結果はどうだったかって?
それはぜひIFPで直接お会いしたときに聞いてください。

IFPスタッフ 市川洋介
===================================
4.グルメマップイベント開催報告
===================================
現在IFPでは、8月から「グルメマップ」の企画を進めています。

「グルメマップ」では、月に1回ランチ企画を実施し、
交流を通して障がいの有無にかかわらず、みんなが食事を
楽しめるような工夫を学ぶことを目指しています。

さらに、IFPのHP上に企画を実施したお店のバリアフリー情報や、
楽しく食べることのできる工夫などをアップし、グルメマップとして、
共有をはかっていく予定です。

8月は「串かつでんがな」、10月は「魚がし鮨」でランチ企画を実施しました。
どちらのお店も和やかな雰囲気の中、おいしいランチをいただきました!!

詳しい報告はまたHPにアップをする予定ですので、
是非ご覧いただけると嬉しいです!

興味をお持ちになった方は、企画に是非いらしてください♪
企画に関する情報は随時メルマガでご案内しますので、ぜひ、チェックしてくださいね!
お待ちしております。

===================================
5.お出かけ情報
===================================
ちょうど1ヶ月後に開催される心の唄バンドによるコンサートのご案内です。
ご案内を下さった高野さん自身、聴覚障がいのある方で当日は創作ソロ手話唄で出演されます。
ぜひ、心癒されるコンサートに足を運んでみてください。

11,30(土)きゅりあん8F大ホール

京浜東北線『大井町』駅前

12:00〜 プレイイベント・やさしい囲碁入門講座
・公開対局(特製碁盤)
岡田結美子(プロ6段)
×柿島光晴(全盲アマチュア3段)

14:00開演
コンサート

【心の唄バンド】
木谷正道(ギター弾き語り)
竹DS(創作ソロ手話唄)出縄守英(ベース/ギター)
丸山泰明(ボイスパーカッション)
三木靖子(ピアノ)

【特別出演】
能條孝世(バイオリン)
ひだまりの会
(高次能機能障害5人と家族6人の合唱グループ)

当日券\1,700
前売券\1,500
障害者/小中学生\1,000
チケットご希望の方は私までご連絡ください。
高野→ping/is@t.vodafone.ne.jp

<チラシ表>

<チラシ裏>

===================================
6.メールマガジンリニューアルに関するお知らせ
===================================

8月号からご案内していますように、9月から12月にかけて新しいメルマガ配信システムに移行することに致しました。
これまで、メルマガが上手く配信できなかったシステムエラー等が改善されると思いますので、皆様にはお手数をおかけいたしますが、再度、メルマガの登録手続きをお願いできればと思います。
新しいメルマガ配信システムは、まぐまぐというメルマガ配信代行システムを利用します。
下記、URLより配信を希望されるメールアドレスの登録をお願いします。
9月号メルマガより新旧両方のメルマガ配信システムからメルマガを配信させていただきます都合上、同じメルマガが2通受信する場合があるかもしれません。
9月から12月を新旧メルマガの移行期間と致しますので、来年1月以降は新システムへ1本化し、
重複受信されることはなくなりますので、しばらくの間、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

メールマガジン購読登録(無料)⇒http://www.mag2.com/m/0001613828.html

IFP事務局

===================================
7.編集後記
===================================
再び、IFP事務局の奈良でございます。
冒頭でもお伝えしましたように、10月は過去最多台風接近記録を更新したんだとか。
特に、今回は週末に接近するケースが多いですよね。
週末は各々様々な予定をたてていると思うのですが、自分の「遊びたい!」の気持ちの前に、
遊ぶ相手のことを思い浮かべてみてください。
台風が接近しているときは、いつ電車が停るか、いつどこでどんな突風が吹くか等、予想のできない出来事がたくさん起こる可能性がありますよね。
学生であれば、学校が「休校」の決定をしてくれますが、週末の場合は自分たちで決行か中止か判断しなければなりません。
私は視覚障害と聴覚障害があるので、電車が止まってしまうと車内アナウンスはよく聴こえないし、
電光掲示板のテロップも見ることができません。
なので、とても不安な思いをします。
私のように障がいのある人が遊ぶ相手であるときはもちろんですが、健常者だったとしても、お互いの安全を第一に考えて、ときには、「中止」という判断をすることも大事なのではないかなと思います。
台風は接近してあっという間に過ぎ去って、嘘のような快晴が広がり、{な〜んだ、遊びにいけばよかった」なんて思うこともありますが、そうではなくて、「何もなくてよかったね」と振り返ることも大切なのではないかなとここ最近の台風接近で感じました。
皆さんも台風接近の際には、くれぐれも無理をなさらずに、暇なときにはIFPのHPでも覗きにきてくださいね。笑

IFPスタッフ 奈良里紗

===================================
※このメールマガジンは、自由に転送して頂いてかまいませんが、
掲載された内容を許可なく転載することはご遠慮ください。
Copyright (C) 2013 IFP All rights reserved

☆特定非営利活動法人
Inclusive Fellowship Promotion☆
Mail info@team-ifp.com
ホームページ http://www.team-ifp.com
☆Driving for Interaction between Individuals with and without Disabilities☆