私たちIFPは、心のバリアフリー社会を推進するNPO法人です。

カジュアルサポート研修会:精神障がいについて

無理をしない関係づくり

講師:大石甲さん

講師:大石甲さん

11月3日(日)には、IFPスタッフの大石甲さん(精神保健福祉士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)を講師に、精神障がいとはどういうものか、また、精神障がいのある方を含め、上手な対人関係の作り方について学びました。

大石さんは、精神障がい者雇用がご専門で、現在、障がい者雇用の研究所と地域の作業所の二か所に勤務されています。当日は、理論と実践の両方の観点から、精神障がいとは何かについて、具体的に説明をしてくださいました。

精神障がいと一口に言ってもその症状は様々であり、過剰なストレスが原因のひとつであるという点では、誰もがなりうるとっても身近な障がいであることを教えていただきました。

大石さんの講演中の様子

大石さんの講演中の様子

また、そのような障がいだからこそ、精神障がいのある方がいやすい環境は、誰にとっても優しい環境になりうること、精神障がいのある方への配慮として重要なのは、無理のない関係を築くことなど、具体例を通しながら教えていただきました。

また、講演の後半では、IFPスタッフとしての経験も活かし、もし、精神障がいのある方がイベントに参加された場合、スタッフとしてどのような配慮をすべきかについて考えるワークショップも行いました。

研修会の感想

ワークショップでグループメンバーと事例検討した内容を取りまとめ、発表することになった井野尾さん

ワークショップでグループメンバーと事例検討した内容を取りまとめ、発表することになった伊野尾さん

東洋大学人 間環境デザイン学科 伊野尾晶

精神障害の中にもさまざまな症状のものがあり、またその症状も人それぞれで違うことが分かりました。
私は「精神障害者への配慮として“誰にとっても居心地の良い空間を作る”ことは健常者にとっても良いことにつながる」と聞いて、こういったストレスを感じにくい場作りに健常者も積極的になるべきだと思いました。そうすることで、仕事のストレスからの精神障害になり退職してしまう人や、新入社員の退職の軽減にもつながると考えました。

プロジェクト紹介

Copyright © NPO法人 IFP All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.