私たちIFPは、心のバリアフリー社会を推進するNPO法人です。

クリスマス会2007 レポート

今回のイベントは、今までにNSAで行ってきたものの中でも好評だったものと、新たに企画したものとをうまく融合させたものだったと思います。

まずは、グループに別れて自己紹介を済ませ、新企画の『ハニカミクリスマス』がスタートしました。『ハニカミクリスマス』と言うのは、グループごとに「理想とするクリスマスデートプラン」を「待ち合わせ場所」、「クリスマスデートで絶対にしたいこと」、「クリスマスプレゼント」という三つの場面に分け、それぞれ「いつ」「どこで」「誰と」「誰が」「何をするのか」までを明確に決め、配役や台詞を決めて各場面を再現した写真を撮影し、それらの詳細な説明を加えたハニカミプランカードを作成し、グループごとに言葉による説明をつけながら発表するというものです。

始めは初対面の気恥ずかしさからか、なかなか話し合いが進まない感じでしたが、時間が経つにつれ会話も弾み、かなりヒートアップしてしまったグループも見られるほどになりました。詳細が決まったグループから部屋の外に出て、話し合いで決まった場面を再現する写真を撮りました。色々な場所で、思い思いの写真を撮っているその姿を見ているだけでも、全身で楽しんでいるというのがわかるものでした。

みんなではしゃぎすぎたせいか、時間が少々おしてしまいましたが、その分結果は上々で、どのグループの出来栄えも素晴らしく、思わずはにかんでしまうほどでした。

発表の後、場所を食堂に移して、バイキング形式の夕食となりました。その席では、先ほどまで行っていたハニカミクリスマスについての話題で盛り上がったことは言うまでもありません。

楽しい食事も終わり、部屋に戻って新たなグループに分かれ、交流会が始まりました。

まずはNSA恒例の自己紹介ゲームを行い、プレゼント交換を行いました。今回のプレゼント交換は各自キーワードを決め、そのキーワードの文字数だけ反時計回りにプレゼントを回していき、グループ全員のキーワード発表が終わったときに自分の手元にあるプレゼントをもらうというものです。キーワードの文字数の関係で、自分のプレゼントをもらう羽目になり、やり直すことになったグループがいくらかでたのが面白かったです。

その後、全体の交流会となり、スタッフが用意してくれた、可愛らしい手作りのクリスマスカードに渡す相手へのメッセージを書き、思い思いの相手とカード交換を行いました。カードがなくなった後も、部屋のいたるところで会話が弾み、和やかなムードのまま交流会は進んでいきました。
でも、楽しい時間が過ぎるのは早いもの。あっという間に終わりの時間が来てしまいました。みんなの満足そうでいながらどこかに残念さを感じられる顔が今でも思い出せます。

でも、そういうゲストさんたちの気持ちが感じられるから、スタッフは次のイベントを企画していくことができるのだと思います。またこうやってみんなと楽しく過ごす時間を提供できるように、努力を続けられるのだと。

今回のクリスマス会をもって、2007年度のイベントは全て終了となりますが、皆様の今年一年はいかがでしたでしょうか?NSAのイベントに参加して頂く事で、新しく何かを得たり、充実や幸せを一時でも感じて頂けたなら何よりだと思います。2008年も、よりみなさんと楽しめるようにより良いイベントを企画し、全力で取り組んでいきますので、2008年もNSAをよろしくお願いいたします。

文章・Web作成:NSAスタッフ

※NSAは、NPO法人IFPの前身団体の名称です。

IFPより

IFPではこのようなセミナーや、障がいのあるひととないひとの相互交流を促進するためのイベントを開催しております。興味がありましたら、どうぞご参加ください。

info@team-ifp.com までお問い合わせください。

Copyright © NPO法人 IFP All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.