2017年第1回目のシンポジウムでは、前回盛況のあった結婚・友人の話
に続き、第2回、障がい者の恋愛・結婚について考えます。テレビやドラマ
で語られるのは障害のない人の恋愛ばかりで、障害者の恋愛について語られ
ることって少ないですよね。
障がい者の自分でも恋愛はしていいのかな、どうやって恋愛をしたら良いん
だろう、そんなことを考えているみなさんに今回は3名の方から自身の恋愛
経験(成就した恋愛も、失恋も?!)や結婚についての想いを語っていただ
きます。
障がいのある僕らの恋愛のカタチってなんだろう、そう思っている皆さんは、
ぜひ一緒に考えてみませんか?

ゲストプロフィール
A.中村 彰宏 さん
ヤフー株式会社法務本部勤務。ろう者。
努力家で内面に熱い思いを秘めながらもなかなか相手の女性に彼の魅力が伝
わらない、そんなジレンマを抱えながら、今、まさに彼女募集中。

B.澤村 裕司 さん
筝曲家。全盲。
彼が奏でる音楽には心に癒しを与えてくれます。癒しを与える彼に、癒しを
与える姫君は未だ来ず。そんな彼が過去に奏でた恋愛ドラマをきいてみませんか?

C.中村 祥子 さん
新聞社勤務。生まれつきの難聴で補聴器装用。
ずっと普通学校で育ち、中高は男子との会話もほぼ無く、カップルを横目に、
自分には誰かと付き合うことができるのか、結婚して子どもが生まれるのか
なーなど不安しかありませんでした。そんな私でしたが、紆余曲折を経て(笑)
今は夫と息子と3人暮らし。当日は普段なかなかできない話、しちゃいませんか?

日時:2018年1月21日(日)15時から17時
会場:東京都障害者福祉会館(都営三田線、都営浅草線「三田」駅より徒歩1分・JR線田町駅より徒歩5分)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/syoukan/toiawase.html
※本シンポジウムへの参加申込は、1/20付で終了しております。